別れさせ屋が明るい未来を作る!

プライドの問題だからこそ、別れさせ屋を頼る

もうプライドの問題としか言えないと思うんですけど、別れさせ屋に頼んできました。元カレとは別れたんですけど、一応SNSで繋がっているんです。それもあって、いろいろな話が飛び込んでくるんです。気にしないつもりでもどうしても気になっちゃうというか、視界に入っちゃうものなんですよね。すると、そこで思いもよらない文字を見つけてしまったんです。それは「一周年」って。え?って思いました。だって私たちが別れたのって三か月前だよ?って。何が何やら分からない状況になりました。でも相手に効いてよいのか分からなかったんですけど、そこで私は久しぶりを装って「もう一年なんだね」って。そうしたらブロックされちゃったんですよ。だから私もカチンときたので、別れさせ屋に依頼しました。そして、別れたという話を人伝に聞いたので、これで私ももうあれこれするのは辞めようって思いました。二股なんてよくない。それを分かってもらえたんじゃないかなって。

安全にって思ったら選択肢は別れさせ屋だけだったんです

彼がどんどん狂暴になっていきました。ストーカーというか、暴力というか、私は本当に別れたいって思っていても、相手がなかなか認めないんです。だから私はもう付き合っていないって思っていても、相手は私の一人暮らし先の玄関にまで押し寄せてきたりするんですよね。そんなの緊張するに決まっているじゃないですか。それで自分でもいろいろな気持ちになっちゃいますよね。それで、もう私としてはどうすることも出来ないって思ったので、別れさせ屋に依頼して、私と彼を別れさせようって。このままじゃいずれ私のみにも危険が及ぶのは間違いないって思ったんですよね。だからこの事態を打破できるのは別れさせ屋しかいない。そう思ったんです。それで依頼したら、見事に別れることが出来ました。もうあれこれ細かい恐怖心を味わうことなく、毎日のように安心した生活が待っているって思ったら、それだけでもありがたいなって気持ちになりましたから感謝ですよ。